参加型戦略コンサルティングの萬来トレーディングコンサルタント

コンサルタント

南川 勤 (Minamikawa Tsutomu)

IMGP0880

1963年三重県四日市市生まれ。武蔵大学経済学部卒業後ミナミ産業に入社。1992年、社長に就任。1994年、初代全国豆腐機器青年工業会会長に就任。

持ち前の研究心と発想力で地元萬古焼とのコラボにより開発した卓上で豆腐ができる「萬来鍋」「萬来豆乳」は海外のフレンチの3つ星レストランでも使われ世界22カ国へ 輸出し、累計出荷10万セットを超えるヒット商品を生み経産省より元気なモノ作り中小企業300社に選出。

1992年から開発を進めていたおからの出ない「大豆まるごと豆腐」は第4回日本環境経営大賞「環境プロジェクト賞」や2009年度食品産業技術功労賞を受賞。

現在は、国内外での豆腐店や飲食店の新規開店支援や超微細粉砕加工技術による加工食品の開発支援、全国各地の食材の地産地消推進 &海外進出プロジェクトのサポートに奔走中。

オフィシャルブログ:https://www.minamigawa.biz/

ご挨拶

少子高齢化が進み国内の需要も減少し、我が国の中小企業を取り巻く環境は非常に厳しい状況にあります。

我が国の雇用などを下支えする中小企業の活性化のためにも、海外展開などの新たな販路開拓や自活は非常に重要課題であり、グルーバルな視点で中小企業が連携し事業をする重要性を特に震災以降肌で感じています。

2012年、2013年に開催された「小さな企業未来会議」のコアメンバーとして中小企業の海外展開について提言をいろいろなところでさせていただきましたが、将来日本の農水産品及びそれらの加工品の輸出のビジネスの参考事例として、また中小企業連携による海外事業展開モデル事業となるような事業を展開していきたいと思っております。

略歴

1963年

7月2日(四日市生まれ)

1987年

武蔵大学経済学部経営学科卒業
卒業後、四日市に戻りミナミ産業㈱に入社

1992年

ミナミ産業㈱代表取締役社長に就任

1994年

初代全国豆腐機器青年工業会会長に就任

2002年

「萬来鍋」にて第16回萬古焼総合コンペ2002において、第二部門つかってみたい器部門で新人賞。
(財)岡田文化財団理事長賞入賞

2006年

第4回日本環境経営大賞 環境プロジェクト賞受賞

2011年

日本をちょっと元気にするプロジェクト(NGP)代表

2012年

六次産業化ブランタリープラナー(農水省)
日本の未来応援会議(経産省)コアメンバー
中小企業の海外展開について提言
四日市市産業功労者受賞(最年少受賞)

2014年

三重県企業国際展開推進協議会(三重県) 企画委員
グローバル農商工連携推進事業(経産省)プロジェクトマネージャー

2015年

JETRO 地域中堅・中小企業海外販路開拓支援事業専門家

2016年

東海地域農林水産物等輸出促進協議会(農水省)構成委員
農商工連携等によるグローバルバリューチェーン構築事業(経産省)プロジェクトマネージャー

2017年

ジェトロ三重 有識者会議

その他の役職

オール三重国際ビジネス研究会会長
日本豆腐機器工業会理事
大豆まるごと豆腐振興協会会長
三重県中小企業家同友会理事
三重県産業支援センター専門家等

発明特許及び特許出願数

  • 特許国内4件、海外2件(米国、中国 )
  • 特許出願9件
  • 実用新案4件
  • 商標登録2件
2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Translate »